劇団前方公演墳解散のお知らせ

平素は当劇団をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
この度、本旗揚げ22周年公演「東京しもきたサンセット」にて当劇団は解散をすることとなりましたことをご報告いたします。
22年という長い年月、誠にありがとうございました。

本コロナ禍の中、すでにご予約を頂いている皆様、誠にありがとうございます。
最後の公演が感染などで中止とならぬよう、より一層、本番終了まで注意して千秋楽を迎えようと思っております。

寂しい気持ちはございますが、最後の公演ではいつものように皆様と笑顔でお会いできることを願っております。いつもと変わらず、楽しく上演できたらと思っておりますので、皆様も同じように楽しんで頂ければと思っております。
皆様に楽しんでもらえることこそ、当劇団の願いです。これまでたくさんの愛情を注いでくださったことへの感謝です。

主宰、座長より、解散に当たってのコメントを掲載いたします。
ぜひご一読ください。
それぞれの劇団員のコメントは公演終了後にそれぞれからあると思います。

公演が終わってからであるべきだとは思いますが、再度、皆様に。
重ね重ねになりますが、長年にわたるご愛顧、誠にありがとうございました。

劇団前方公演墳


突然のお知らせになってしまい申し訳ありません。
劇団、前方公演墳は、2020年「東京しもきたサンセット」千秋楽1日前の劇団誕生日。10月10日を、をもちまして、22年の活動に幕を下ろすこととなりました。
これまで、どんな時でも応援し続けて下さった皆様、本当にありがとうございました。

22年という時間は、皆様から頂いた奇跡です。
その頂き物で、劇団員と僕は、人生の多くを共に過ごすことが出来ました。
22年の間、失敗8、成功2、絆だけ10という割合。
足すと20になってすいません。たまに坂道ダッシュで、だいたいフルマラソンで、時にはお散歩、挫折を得意技として、膝をすりむきながら、人より少し遅めで歩んでまいりました。お客様には、歯痒い思いをされた方も、多くいらっしゃったことでしょう。
それでも懲りずに、応援し続けて下さった皆様に、、
作家なのに、お礼の言葉が、うまく見つかりません。

僕にとって前方公演墳は、
希望であり夢であり、悩みであり苦しみであり、拠り所であり癒しであり、そして、人生の師であり、多くの愛を与えてくれた、何ものにも代えがたい存在でした。いや、存在と言っていいものなのか、いつのまにか、僕の心と体の一部になっていたのかもしれません。そんな大切な前墳公演墳を何故、解散するのか、、はっきりと言える理由はありません。もしどうしても、ということであれば、全員が、もっと前を向くため、と、そうお答えします。
前方公演墳の劇団員は、歩みを止めません。
今まで以上に活動の場を広げ、少し早足で進みます。
許されるのであれば、僕も作品を作り、これからも演劇という大敵に、負けを覚悟で挑み続けたいと思っています。

前方公演墳という名は無くなりますが、
前方公演墳の魂が消えることはありません。
今の場所から一歩踏み出して、また違う奇跡を見つけに、ちょっと出かけて行きたいと思っています。
劇団員全員が、そう思っています。

劇団、前方公演墳の主宰としての最後の言葉は、
やっぱり、いい言葉は見つからないのですが、
この劇団を今まで育てて頂いて、
本当に本当に本当にありがとうございました。
深く深く深く感謝申し上げます。
そして、これからも、どうかどうかどうか、、
そして、どうか、元前方公演墳たちを
よろしくお願いいたします。

デビッド・宮原


みなさん、こんにちは。
劇団前方公演墳、座長の中野です。
名ばかりですけどね。。
すみません。
今まで、みなさんに応援し続けていただいた前方公演墳の解散を、このような形でお伝えしなければいけないことを、大変申し訳なく思います。
すみません。
僕は、30年芝居をやってきて、そのうち22年を前方公演墳で過ごしました。
僕の生活の中心は、いつも前方公演墳でした。
いつも同じメンバーで、一つのものをゼロから、22年間も創り続けていると、そこには  愛  しかなくなるんですね。そんな、僕の人生の一部である、僕の身体の一部のような前方公演墳の解散をお伝えしなければならない事は、僕自身もとても辛いです。
でもね、
これからは、前方公演墳や、劇団員や、お客様におしてえいただいた  愛  だけを武器に進んでいくつもりです。
そして、
本公演には、劇団員全員、おしえてもらったありったけの愛を注ぎ込んで、望みます!!
みんな、ホントにホントにありがとう。
これからも、よろしくお願いいたします。
中野圭

劇団前方公演墳 座長 河原です。

次回舞台…「東京しもきたサンセット」が、劇団前方公演墳という劇団名の最後の舞台となります。
思いがけない報告で驚かれた皆様、本当に申し訳ございません。

そして22年というとてもとても長い時間を前方公演墳と共に過ごして下さいました皆様に、22年間分のありがとうございますを言わせて下さい。
本当に本当にありがとうございます。

私は前方公演墳の劇団員である事に迷いを持った事は一度もありません。。
まぁまぁ長く生きてきた結構いい年齢の大人である私が、22年間もここだけは迷わずにいられる。
それは主催であるデビさんが描くストーリーと、吉田トオルさんの音楽と、沢山の関わって下さったスタッフの方々と共に作る舞台、前方公演墳の仲間と育てていく芝居に…作品に毎回変わらずときめいていたからだと思います。
年甲斐もなく。
そして、そして、何よりもお客様の笑顔、伝えて下さる思いの込もった言葉が原動力でした。

例え名前が変わっても、形が変わっても、劇団として経験を共にした各々の中で、前方公演墳として培ってきたものがなくなるはずがありません。
これからの行動の源となるに決まっているのです。

ただ今は間近に控える舞台「東京しもきたサンセット」前墳らしいと言って頂けるように劇団全員で挑みます!
よろしくお願い致します。
そして何度、言葉にしても絶対に足りないので。もう一度。本当にありがとうございました。

河原 幸子