「東京しもきたサンセット」生配信アーカイブ映像を公開しました

劇団前方公演墳 旗揚げ22周年&解散公演
「東京しもきたサンセット」
生配信のアーカイブ映像を公開いたしました。
また生配信チケットのご購入いただいた皆様には無償でご視聴いただけるアドレスをご送付しました。
メールが届かない方などは照合しますので、お問い合わせください。

「東京しもきたサンセット」生配信アーカイブ映像
2020/10/10 14時の回
https://vimeo.com/ondemand/tokyosunset

「東京しもきたサンセット」生配信アーカイブ映像
2020/10/10 18時の回
https://vimeo.com/ondemand/tokyosunset18

アーカイブ映像のみをお楽しみいただく場合も2500円となります。
また、鑑賞の権利はどちらか一方となります。
※出演者全員による舞台挨拶は18時の回のみです。

配信は10月28日までの2週間のみとなっております。
ご了承ください。

「東京しもきたサンセット」配信&プレゼントのお知らせ

今週、劇団前方公演墳最後の公演として開幕することとなった作品を劇団の旗揚げ日に生配信することを決定いたしました。
また、ご来場いただきました皆様には、別途、特別プレゼントをご用意することとなりました。


劇団前方公演墳 旗揚げ22周年&解散公演
東京しもきたサンセット」生配信概要
生配信時刻:2020/10/10 14:00/18:00 各回
生配信チケット発売期間:2020/10/6 10:00頃~10/10 12:00頃
鑑賞チケット料金(アーカイブ付):2500円
チケット予約はコチラ

最後の公演がコロナ禍での公演となり、なんとか見る方法がないかとのお問い合わせから、旗揚げ日のみ2回の生配信を決定いたしました。
ご来場の叶わない皆様は、ぜひ、生配信にてお楽しみいただければ幸いです。

※千秋楽後(1~2日後を予定)に2週間程度のアーカイブをご覧いただけるURLとコードをメールにて送付いたします。
※回線状況などにより、不安定になる場合がございます。後日アーカイブの公開を致しますのでご了承ください。
※アーカイブ公開後に、アーカイブのみのご購入も出来るように致します。


実際に劇場にご来場いただきました皆様のみ、千秋楽終演後にメールにてプレゼント(データ)を送付させていただきます。

【プレゼント概要】
・東京しもきたサンセット メインテーマ曲(吉田トオル作曲)
・スペシャルメッセージ動画ダウンロード権
・東京しもきたサンセット 集合写真

※チケット予約時にプレイガイドconfettiにご登録いただいたメールアドレスにダウンロードアドレスを送付いたします

 

公演の決定後に解散公演となりましたことを受けまして、決定させていただきました。
わずかなお礼ではございますがお受け取りいただけたら幸いです。

劇団前方公演墳解散のお知らせ

平素は当劇団をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
この度、本旗揚げ22周年公演「東京しもきたサンセット」にて当劇団は解散をすることとなりましたことをご報告いたします。
22年という長い年月、誠にありがとうございました。

本コロナ禍の中、すでにご予約を頂いている皆様、誠にありがとうございます。
最後の公演が感染などで中止とならぬよう、より一層、本番終了まで注意して千秋楽を迎えようと思っております。

寂しい気持ちはございますが、最後の公演ではいつものように皆様と笑顔でお会いできることを願っております。いつもと変わらず、楽しく上演できたらと思っておりますので、皆様も同じように楽しんで頂ければと思っております。
皆様に楽しんでもらえることこそ、当劇団の願いです。これまでたくさんの愛情を注いでくださったことへの感謝です。

主宰、座長より、解散に当たってのコメントを掲載いたします。
ぜひご一読ください。
それぞれの劇団員のコメントは公演終了後にそれぞれからあると思います。

公演が終わってからであるべきだとは思いますが、再度、皆様に。
重ね重ねになりますが、長年にわたるご愛顧、誠にありがとうございました。

劇団前方公演墳


突然のお知らせになってしまい申し訳ありません。
劇団、前方公演墳は、2020年「東京しもきたサンセット」千秋楽1日前の劇団誕生日。10月10日を、をもちまして、22年の活動に幕を下ろすこととなりました。
これまで、どんな時でも応援し続けて下さった皆様、本当にありがとうございました。

22年という時間は、皆様から頂いた奇跡です。
その頂き物で、劇団員と僕は、人生の多くを共に過ごすことが出来ました。
22年の間、失敗8、成功2、絆だけ10という割合。
足すと20になってすいません。たまに坂道ダッシュで、だいたいフルマラソンで、時にはお散歩、挫折を得意技として、膝をすりむきながら、人より少し遅めで歩んでまいりました。お客様には、歯痒い思いをされた方も、多くいらっしゃったことでしょう。
それでも懲りずに、応援し続けて下さった皆様に、、
作家なのに、お礼の言葉が、うまく見つかりません。

僕にとって前方公演墳は、
希望であり夢であり、悩みであり苦しみであり、拠り所であり癒しであり、そして、人生の師であり、多くの愛を与えてくれた、何ものにも代えがたい存在でした。いや、存在と言っていいものなのか、いつのまにか、僕の心と体の一部になっていたのかもしれません。そんな大切な前墳公演墳を何故、解散するのか、、はっきりと言える理由はありません。もしどうしても、ということであれば、全員が、もっと前を向くため、と、そうお答えします。
前方公演墳の劇団員は、歩みを止めません。
今まで以上に活動の場を広げ、少し早足で進みます。
許されるのであれば、僕も作品を作り、これからも演劇という大敵に、負けを覚悟で挑み続けたいと思っています。

前方公演墳という名は無くなりますが、
前方公演墳の魂が消えることはありません。
今の場所から一歩踏み出して、また違う奇跡を見つけに、ちょっと出かけて行きたいと思っています。
劇団員全員が、そう思っています。

劇団、前方公演墳の主宰としての最後の言葉は、
やっぱり、いい言葉は見つからないのですが、
この劇団を今まで育てて頂いて、
本当に本当に本当にありがとうございました。
深く深く深く感謝申し上げます。
そして、これからも、どうかどうかどうか、、
そして、どうか、元前方公演墳たちを
よろしくお願いいたします。

デビッド・宮原


みなさん、こんにちは。
劇団前方公演墳、座長の中野です。
名ばかりですけどね。。
すみません。
今まで、みなさんに応援し続けていただいた前方公演墳の解散を、このような形でお伝えしなければいけないことを、大変申し訳なく思います。
すみません。
僕は、30年芝居をやってきて、そのうち22年を前方公演墳で過ごしました。
僕の生活の中心は、いつも前方公演墳でした。
いつも同じメンバーで、一つのものをゼロから、22年間も創り続けていると、そこには  愛  しかなくなるんですね。そんな、僕の人生の一部である、僕の身体の一部のような前方公演墳の解散をお伝えしなければならない事は、僕自身もとても辛いです。
でもね、
これからは、前方公演墳や、劇団員や、お客様におしてえいただいた  愛  だけを武器に進んでいくつもりです。
そして、
本公演には、劇団員全員、おしえてもらったありったけの愛を注ぎ込んで、望みます!!
みんな、ホントにホントにありがとう。
これからも、よろしくお願いいたします。
中野圭

劇団前方公演墳 座長 河原です。

次回舞台…「東京しもきたサンセット」が、劇団前方公演墳という劇団名の最後の舞台となります。
思いがけない報告で驚かれた皆様、本当に申し訳ございません。

そして22年というとてもとても長い時間を前方公演墳と共に過ごして下さいました皆様に、22年間分のありがとうございますを言わせて下さい。
本当に本当にありがとうございます。

私は前方公演墳の劇団員である事に迷いを持った事は一度もありません。。
まぁまぁ長く生きてきた結構いい年齢の大人である私が、22年間もここだけは迷わずにいられる。
それは主催であるデビさんが描くストーリーと、吉田トオルさんの音楽と、沢山の関わって下さったスタッフの方々と共に作る舞台、前方公演墳の仲間と育てていく芝居に…作品に毎回変わらずときめいていたからだと思います。
年甲斐もなく。
そして、そして、何よりもお客様の笑顔、伝えて下さる思いの込もった言葉が原動力でした。

例え名前が変わっても、形が変わっても、劇団として経験を共にした各々の中で、前方公演墳として培ってきたものがなくなるはずがありません。
これからの行動の源となるに決まっているのです。

ただ今は間近に控える舞台「東京しもきたサンセット」前墳らしいと言って頂けるように劇団全員で挑みます!
よろしくお願い致します。
そして何度、言葉にしても絶対に足りないので。もう一度。本当にありがとうございました。

河原 幸子

次回公演「東京しもきたサンセット」

劇団前方公演墳 本公演
「東京しもきたサンセット」

作・演出 デビッド・宮原 / 音楽 吉田トオル

2020年10月7日(水)~11日(日) 全8ステージ
「劇」小劇場@下北沢
前売券:4500円 / 当日券:販売未定
(自由席/各回整理番号順時間差入場/各回40席限定入場)
チケット発売日:2020年9月5日10時
チケット予約はコチラ


SCHEDULE

2020/10/7(水) 19:00 満員御礼
2020/10/8(木) 19:00
2020/10/9(金) 14:00/19:00
2020/10/10(土)14:00✖/18:00✖
2020/10/11(日) 13:00/17:00

:SOLDOUT :残りわずか

※受付は整理番号にて15名ずつ開演の30分前より10分ごとの受付となります
※受付時に検温、手指消毒をお願い致します
※開演時間を過ぎて遅れての入場は一切できません


STORY

永遠に続くと思っていた喜びも悲しみも、
持ちきれないほどの夢も挫折も、
いつか消えてなくなった。
それでも
彼らに残った、たった一つのものとは何か、、、

出会いと別れを繰り返しながら、
下北沢近辺に生まれ育った幼馴染たちの、バカバカしくも切ない30年間の日常を描く。


出演

安藤聖/織田稚成/金子透/河原幸子/佐野みかげ
中野圭/広田あきほ/藤井直子
有賀さやか/坂崎愛/高橋2号/堀川果奈
西内琢馬


STAFF

舞台監督:庄山彰浩 照明:河上賢一 音響操作:KORN
舞台美術:平社長 大道具:TEAM-K 制作:管理人3
製作:劇団前方公演墳


新型コロナウイルス蔓延に伴うご注意

※本公演は中止となる場合がございます。ご了承ください。
・本公演関係者、劇場運営関係者が感染、もしくは濃厚接触者となった場合、咳、発熱などの風邪症状が出た場合はただちに公演を中止いたします。
・感染状況が拡大し、医療現場のひっ迫などから緊急事態宣言や自粛要請が再度出た場合は中止となる場合がございます。
・社会通念的に小劇場公演は不可であるという状況となった場合、中止と判断する場合がございます。

※演出上のご注意
・本公演内では演出の都合上バンド演奏場面がございます。コロナ禍という状況下、演劇のガイドラインのため、ボーカルは収録された音声での演奏となります。恐怖を感じられる方は事前にご了解ください。
・客席前方にはスペースを設けておりますが、一部、客席方向を向いての演技もございます。
・本番ではマスク非着用の予定ですが、劇場での確認後、マスク/フェイスシールド着用となる配役もありえます。
・発声による笑いはなるべくお控えください。拍手などでお楽しみください。

※お客様へのお願い
・本公演はネット販売の前売券のみとなっております。予約時にいただきました個人情報は、劇場内に新型コロナウイルス感染者が見つかった場合、厚生省などに提出させていただく場合がございますので事前にご了承ください。
・劇場ガイドラインに則って、各回40席のみの販売とさせていただきます。またご入場時の密となる混雑を避けるため、予約順に整理番号がついておりますので整理番号順の時間差入場のご案内となります。
・ご入場時に検温をさせていただきます。37.3度以上の発熱のお客様はご入場いただけません。
・受付、係員は、マスク及びフェイスシールドの着用を致します。
・マスクを着用していないお客様はご入場いただけません。
・小さいお子様をお連れになる場合やご家族、ご友人の場合も座席と座席の間が離れております。事前にご了承ください。
・本公演においては飲食物以外も含む一切の差し入れ、プレゼント、花などは禁止とさせていただきます。ご郵送の場合は受け取り拒否とさせていただきます。
・関係者を含めて、楽屋挨拶などは一切禁止とさせていただきます。
・本公演ではお荷物のお預かりは出来ません。
・開演後、気分が悪くなったお客様はただちに係員にお伝えください。
・上演後のお見送り、ご挨拶などは一切禁止とさせていただきます。カーテンコール時に写真撮影の時間を設けます。
・関係者を含め入り待ち/出待ちなど主催者が確認できない場面での接触があった場合、ただちに公演を中止いたします。また上演後に出演者のお知り合いであっても出演者との会食は禁止となっております。また偶然、公共交通などで遭遇した場合も、本公演期間の握手/写真などは一切中止とさせてくださいませ。
・接触を避けるため、当日パンフレットなどの配布も休止致します。物販ブースも本公演では設置いたしません。ご了承ください。
・ご退場時も時間差にてのご退場とさせていただきます。係員の指示に従って順番にご退場願います。

※当劇団の取り組み
・本番までマスク着用にて稽古/公演準備を致します。また稽古場内は換気を徹底し、手指消毒の徹底をしております。
・当日劇場では全関係者に検温を致します。
・劇場内は開演直前まで換気を致します。
・ケータリングの設置は致しません。
・本番中も密な空間となるため、楽屋内では基本的に飲食/メイクなどを除きマスク着用ルールと致します。
・劇場内の座席、手すり、トイレ他、開場前に消毒を徹底いたします。
・本番2週間前より1日2回の検温の上での報告を全関係者に徹底いたします。
・劇団内にコロナ対策係を設置し、上記の漏れがないように徹底いたします。

※上記の全てのルールを守れないと判断した場合、公演の中止となります。ご了承ください。また悪意をもって危険と判断される状況を誘発されるケースが発覚した場合は法的処置をとらせていただきますことをご了解ください。
※上記のルールが更新される場合がございます。ご予約後も観劇前に再度ご確認をお願い致します。


ご来場いただきました全てのお客様に安心してご観劇いただけるように取り組んでおります。堅苦しいルールなどは本来は観劇と合わないと感じておりますが、皆様に不安なく観劇いただき、終演後にこのコロナ禍において、少しでも心が暖まることを願っております。
そして何よりも、劇団前方公演墳の舞台ではクラスターが発生しないように主催者だけではなく、お客様のご協力が必要となることをどうかご了解ください。
どれだけ注意深く対策を講じても、現在、誰がいつ感染してもおかしくない状況にあると思います。感染した方がともすると悪者になってしまいかねない差別的な行為も散見致します。そのような中で本公演を楽しみにしてくださる全ての皆様に楽しんでいただけるように検討を重ねてまいりました。
どうかご了解いただければ幸いです。

坂崎愛出演「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」再放送決定

ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」

再放送日
tvk
7/13(月)~16(木)、20(月)
12:00~13:00 ※各日2話連続放送

主演:小林歌穂

劇団員の出演
坂崎愛(全話)
安藤聖/織田稚成/小野寺隆一/金子透(第7話)

再放送が決定致しました。
お見逃しの皆様も、また観たい皆様もどうぞお楽しみください。

【佐野みかげ客演情報】[THE☆どツボッ!!]6/27〜28

Web resading企画
zoomにて6/27(土)14時〜/19時〜
     28(日)14時〜
Web会議アプリZoomを使って どこまで演劇の稽古ができるのか!?
Zoomでどんな公演ができるのか!?
Webリーディング公演も演劇の可能性を開く先進的な取り組みの一つになると信じて。
 
 
[THE☆どツボッ!!]
大分出身、今や日本演劇界を担う 社会派劇作家 中津留章仁率いるTRASHMASTERSの旗揚げ作品!!
モト冬樹、杏さゆり、篠田麻里子(元AKB48)、保田圭(元モーニング娘)、円城寺あや、などによって上演され、DVD化もされた話題のコメディ作を
今回 web reading作品としてリライトし、再演します。
 
<STORY>
現代出版で連載を持っている三流小説家の尚作(しょうさく)は、仕事用のマンションを愛人との密会の場所にも使用していた。
尚作には婚約者のいる息子・貴志がいる。
今日は7時に妻も息子も婚約者も呼んでマンションでパーティを開く予定だったが、時間の聞き間違えから様々なハプニングが起こり…。
 
<CAST> 星野卓誠(TRASHMASTERS) 佐野みかげ(劇団前方公演墳) 広瀬未春 濱野稔子 河野芽依(劇団水中花) 若杉恵 進藤祐行(劇団ひまわり) 吉元栄治(劇団水中花)
上条拳斗 星子りんだ 白木原一仁(プロデュースユニットななめ45°) 吉村元希(戯曲組) 立石義江(月光亭落語会) 幸田真洋(劇団HallBrothers) 松永玲子(ナイロン100℃)
<ご支援TICKET>
zoomによる生観劇券  5000円(全部の公演が観られます)6/20〆切
Youtubeによる限定配信 1000円(いつでも、何度でも、永遠に観られます)6/30〆切 7/4配信予定
 

小野寺隆一、映画出演のお知らせ

小野寺隆一の映画出演が決定致しました。
現在、映画製作と同時にクラウドファンディング中です。
どうぞ皆様リンク先をご確認ください。

映画「破壊の日」プロジェクト ※クラウドファンディングは6月5日まで
https://motion-gallery.net/projects/HAKAInoHI

映画『破壊の日』概要

企画・監督・脚本:豊田利晃
出演:渋川清彦 / マヒトゥ・ザ・ピーポー / イッセー尾形 / 松田龍平
音楽:GEZAN /切腹ピストルズ / 照井利幸 / MARS89 / 他

「破壊の日」あらすじ

7年前、田舎町の炭鉱の奥深くで見つかった怪物。その怪物は何なのかは不明のまま不穏な気配を残して時が過ぎる。

7年後、村では疫病の噂が広がり、疑心暗鬼の中、心を病む者が増えていく。そんな中、修験道者の若者、賢一は生きたままミイラになりこの世を救うという究極の修行、即神仏になろうと行方不明になる、、、、、。

そして、「物の怪に取り憑かれた世界を祓う」と賢一は目を覚ます。

豊田利晃監督 コメント

「緊急事態宣言が解除されたのでようやくキャストを発表できる日が来ました。しかし、まだ自粛の波は続き、コロナウイルスは社会に蔓延しています。そんな中でどんな映画作りができるのか誰にもわかりません。しかし、前向きに、完成を目指して突き進んでいきたいと思っています。2020年に撮影、公開される新作がなければ映画館も寂しいものです。どうかお力をお貸し下さい。一寸先は光だと信じています。」

6月公演「東京しもきたサンセット」延期のお知らせ

いつもたくさんの応援ありがとうございます。

新型コロナウイルス蔓延に伴う緊急事態宣言の中、その期間の延長が5月4日に閣議決定するとの報を受けまして6月4日より「劇」小劇場にて上演予定でございました「東京しもきたサンセット」の公演延期を決定いたしましたのでお知らせいたします。
2020年10月第2週 「劇」小劇場での上演に延期とさせていただきます。

劇団内で何度も何度も話し合いを重ねてまいりました。
時には稽古場で、ネットミーティングで様々な意見がございました。
本多劇場グループ「劇」小劇場様とも何度も協議を重ねてまいりました。
前作公演直後から次回作を求める声があがり、カウントダウンをはじめてくださる方がいたり、日々過去作品DVDのレポートを上げてくださる皆様に残念な形でのお知らせをお届けするしかないのかと、劇団員一同、様々なケースを想定致しました。残念ながら感染の勢いは収束せず、お客様の安全と出演者及びスタッフの安全の確保の問題、稽古場閉鎖における準備不足の問題、小劇場が閉鎖を余儀なくしている緊急事態宣言の延長、そして何よりもお客様が安心してご観劇いただけないという状況を鑑みて6月の公演は不可能であるという判断とさせていただきました。お楽しみにしていただきました皆様、誠に申し訳ございません。また決断が遅くなり一か月前の遅い発表となりまして誠に申し訳ございませんでした。

本公演の中止ではなく延期という形でのご報告が出来るように劇場側と話し合いを進め、劇団前方公演墳旗揚げ二十二周年にあたる10月第2週の上演に延期が可能となりました。
その頃に今般のコロナ禍が収束しているのか、或いは収束していたとしても劇場という場所に多くの皆様が恐怖感を感じずに足を運んでいたけるような状況になっているのか、劇団にとっての経済的なリスクも含めて一旦中止した方が良いという意見もございましたが、肉体的にも精神的にも苦しい今を生きる皆様に、ほんの小さな存在でしかございませんが未来や希望を提示するべきであるという信念のもとに延期という決断を致しました。
3月の時点よりこの事態を憂い、チケット予約開始を順延して参りましたので改めて8月以降に予約開始とさせていただきます。

現在、家で頑張っている皆様がいると思います。
不安の中、家族や生活のため仕事をされている皆様がいると思います。
社会インフラを守るために、日々働いている皆様がいると思います。
コロナ禍以前より持病を抱え、不安を抱えている皆様がいると思います。
すでに生活が破綻して、絶望に近い方もいると思います。
安易に「頑張ろう」という言葉を皆様にかけてよいものかすら悩んでしまう状況に、我々のような小劇団の無力さを痛感しております。
今はただ皆様のご健康と、日々の不安が取り除かれる日が戻ってくることを願っております。

10月にもう一度皆様に舞台で出会える日を心待ちにしております。


前方公演墳 デビッド・宮原です。
まず最初に、今回、映画「セブンガールズ」を東宝ドリパスで投票して頂き、4度目の上映候補にまで引きあげてくださった皆様に、心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

ここで、とても残念なご報告をしなければなりません。6月4日から予定をしておりました下北沢、「劇」小劇場での公演、「東京しもきたサンセット」は緊急事態宣言の延長や、現下の状況に鑑みまして、中止をさせて頂くこととなりました。
熟慮に熟慮を重ねてまいりましたが、公演中のお客様の安全と、充分な準備期間の確保が難しくなり、判断をさせて頂きました。
深くお詫びを申し上げます。
僕達は小さな劇団で、誰かの力になれる、というような大それたことは、とても言えませんが、こんな時こそ、エンターテインメントの片隅で暮らす意味が問われるはずで、ほんのわずかでも、お客様の心の癒しになればと、脚本を書き進めてまいりましたが、残念ながら、俳優陣の手に、脚本を渡すことは出来なくなりました。
コロナは怖いです。でももっと怖いのは、錯綜する情報に惑わされて自分を見失うことだと思います。人の心、そして世の中が壊れる前に、自分たちの手で、コロナを消息させて、僕らは、必ず、もう一度、皆様の前に立って、いつものくだらない笑いと、ちょっと切ないヤツを、お届けしたいと、今、強く、強く、思っています。


劇団前方公演墳へのご支援を名乗り出てくださいました皆様へ
2月末よりご存知の通り多くの舞台、音楽、映画が中止となり、現在、芸術文化団体、小劇場などを応援する基金、クラウドファンディング他、様々な形での支援の形態がございます。また政策として、予定されていた公演のチケットのキャンセルを寄付という形にするという税制などの発表もございました。
それに伴い、長く応援してくださる皆様よりなんらかの形で当劇団を支援する方法はないかとのお問い合わせをいただいております。
現在、当劇団では各基金などへの申請、参加は致しておりません。現時点では参加なども検討しておりません。
当劇団も公演のキャンセルにより経済的損失がございますが、制作体制の早めの対応により最小限に抑えることが出来ております。我々よりも厳しい劇団などもございますので、自分の生活に影響のない範囲でご支援をご検討している皆様はご参加頂けたらと思っております。
なおご支援とは別に過去舞台作品や秘蔵映像の有料配信を致します。第一弾に、クラウドファンディングリターン用に製作した幻の映画「セブンガールズ」メイキングドキュメンタリーの配信を開始いたします。当劇団にご支援を希望されている皆様にはぜひこちらをご鑑賞いただけたらと考えております。そして何よりもお楽しみいただけたらと考えております。
他にも劇団グッズ、過去作品DVDの通信販売なども検討を重ねていく予定です。またSNSなどでも皆様に劇団、及び、劇団員一同、発信を重ねてまいります。
様々な新しい形で劇団前方公演墳をお楽しみいただければ幸いです。
これからも劇団前方公演墳をよろしくお願いいたします。

 

映画「セブンガールズ」メイキングドキュメンタリー

レンタル(72時間):1000円
サイズ:HD
ジャンル: ドキュメンタリー
再生時間: 1時間 29 分

わずかな製作費、わずかな製作期間。
たった一週間で撮影された映画「セブンガールズ」がどうやって製作されたのか。
出演者たちが材料を探し、自らセットを設営し、撮影スケジュールを更新していった。
そしてメイキング映像も自分たちで撮影・編集をしていた!
このドキュメンタリー映像には演出もナレーションもない。

ここにあるのは、映画「セブンガールズ」の成功をただ願った姿の連続。

編集:小野寺隆一
出演・撮影:映画「セブンガールズ」出演者

クラウドファンディングリターン用に製作された幻の映像を限定配信!

映画「セブンガールズ」メイキングドキュメンタリー

レンタル(72時間):1000円

次回公演にあたって新型コロナウイルスについての対応 1

いつも劇団前方公演墳を応援していただき誠にありがとうございます。

次回公演「東京しもきたサンセット」を6月に控える中で、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法の成立に伴い、当劇団でも新型コロナウイルスへの対応策を協議いたしましたので皆様に公明にご報告いたします。

【公演の中止/延期の可能性について】

1)緊急事態宣言後、東京都がイベント開催停止命令を出した場合
2)現在公演中の各小劇場にてクラスターが発生した場合
3)出演者/スタッフのいずれかが公演間近で感染した場合

1)緊急事態宣言後、東京都がイベント開催停止命令を出した場合
法令が通ったため、この場合は否応なく、法的に公演が中止となります。
命令後ただちに皆様にご報告いたします。

2)現在公演中の各小劇場にてクラスターが発生した場合
現在、劇場での感染事例はありませんが、公演の中止/延期の事例が相次いでいる状況です。
今後、いつ劇場での感染事例が起きるかは予測不能の状態です。
劇場は興業行法にて換気が義務付けられておりますので通常の集会所などに比較して安全と言えますが、今後、小劇場にてクラスターが発生した場合は、お客様の安全性を最優先に協議し、報告を致します。
また劇場側からの公演中止依頼などがあれば即座にご報告いたします。

3)出演者/スタッフのいずれかが公演間近で感染した場合
出演者/スタッフの一人でも感染した場合、その感染期間に稽古にて濃厚接触が認められた場合はただちに稽古を中止いたします。
したがって、直前に感染が認められた場合、公演の中止/延期となる可能性がございます。ご了承ください。

【現時点での対応策】

1)体調管理の徹底
出演者ならびに関係者は、うがい/手洗い他、体調管理を徹底いたします。
充分な睡眠をとるようにお願いをしています。
また感染の有無に関わらず、風邪の症状があった場合は報告させて稽古を休ませます。
出演者の感染が認められた場合は皆様にご報告いたします。

2)お客様への周知の徹底
今後も法令や専門家会議の発表などをふまえて協議を重ねていきます。
協議をした際は必ずこちらにて今後もご報告いたします。
何よりも皆様が安心して舞台を楽しめるように万全の体制に致します。

3)チケット発売日の順延
4月にチケット発売を予定しておりますが、中止/延期の可能性がある現時点で順延する可能性がございます。
これは私事で大変申し訳ございませんが、宣伝用チラシ、ポスターなど製作後に中止命令となった場合、芸術団体などへの補助が決定していない状況に於いて、それまでの経費自体で劇団存続の危機に直面しかねないためです。
予測不能な状況が続いておりますが、各学校の再開や、各種イベントの再開などをふまえて準備して参ります。どうかご理解くださいませ。

【その他】
6月の公演という事もあり、現時点では上演できるという予定で動いておりますが「あくまでも上演」を強行することなく、冷静に、中止/延期の可能性もふまえて協議を重ねていきます。
多くの応援してくださるお客様は上演を希望してくださいますが、わずかお一人のお客様も不快になることないよう進めていくように致します。

また芸術団体などに補助/助成が決まっていない現在、法令での中止命令が出た場合は、当劇団も深刻な経済破綻が起きる可能性がございます。本公演の延期だけではなく、その後の公演もしばらく出来ない状況に追い込まれる可能性もございます。
ですが当劇団の財政状況を最優先とせず、あくまでもお客様の健康と安全を優先して検討を重ねてまいります。

プロデュース公演などとは違い、当劇団の公演には明確なプロデューサーが存在しておりません。主宰は作家であり、劇団員は出演者でもあります。そして公演の主催は劇団です。稽古を重ねて、準備を重ねるほど、経済的にも心情的にも、何が何でも上演するという方向に行きがちになるかと思います。ですがそこで冷静にお客様皆様のことを考えて決定していくように致します。
劇団員一人一人の冷静な意見と、お客様からのお声を頼りに、協議/判断そして稽古と準備を重ねてまいりますので、どうか見守っていただければ幸いです。

「演劇などもってのほか」という意見も現在散見しています。
社会的に弾圧されているような状況もあると耳にしております。
世界中の多くの皆様が正体不明の病状に不安を抱いている状況の中で、エンターテイメントが攻撃されていることは我々にとっても歯がゆく、悔しいことです。
今、自分たちに出来る事は、楽しみに待ってくださるお客様や、不安を抱えていらっしゃる皆様に公明にご報告を重ねることだけだと思っております。
たくさんの笑顔と、ほんの少しの涙と、それが皆様の日々の生活のほんのわずかな活力に繋がればという思いで公演を重ねてまいりました。そのスタイルを崩すことなく、どうか皆様が安心できる日がやってくることを願ってやみません。

寒暖差激しい季節の変わり目です。
ウイルスに関わらず、体調を崩しやすい季節となっておりますのでどうか皆様くれぐれもお大事になさってくださいませ。

まだまだ内容的に足りないとは思いますが第一回目の協議のご報告とさせていただきます。
今後とも劇団前方公演墳をよろしくお願いいたします。

劇団前方公演墳 制作部

【速報】2020年6月公演「東京しもきたサンセット」

速報です。

劇団前方公演墳 本公演
「東京しもきたサンセット」

2020年6月4日(木)~7日(日) 全6ステージ
於 「劇」小劇場 @下北沢
チケット発売日:2020年4月
前売 3800円/当日4300円

作・演出 デビッド・宮原
音楽 吉田トオル


STORY

永遠に続くと思っていた喜びも悲しみも、
持ちきれないほどの夢も挫折も、
いつか消えてなくなった。
それでも
彼らに残った、たった一つのものとは何か、、、

出会いと別れを繰り返しながら、
下北沢近辺に生まれ育った幼馴染たちの、バカバカしくも切ない30年間の日常を描く。


【出演】

安藤聖/織田稚成/金子透/河原幸子/佐野みかげ
中野圭/広田あきほ/藤井直子
有賀さやか/坂崎愛/高橋2号/堀川果奈